北上イノベーションパーク kitakami innovation park

                     ようこそ!
      オフィスアルカディア・北上「北上イノベーションパーク」へ

 オフィスアルカディア・北上は「地方拠点都市地域の整備及び産業業務施設の再配置の促進に関する法律」に基づく「オフィスアルカディア整備事業」の全国第1号として、独立行政法人中小企業基盤整備機構が整備した業務団地です。都心部に過度に集中している事務所、営業所、研究機関等の産業業務施設の地域分散を促進するとともに、地域の自立的成長を図るのが目的です。
 オフィスアルカディア・北上においては、北上市、岩手県、民間企業、岩手大学等の機関が団地の中央部に「イノベーションパーク」として集結し、地域企業の技術・経営支援や高度技術者育成を行っています。

◆北上市産業支援センター
Q.支援センターって何?
A.北上産業支援センターは、北上市内の工業をはじめ、商業、観光業及び農林業を包括的に支援するとともに、産業間連携や起業による新事業の創出を支援し、地域の持続的な発展と魅力ある地域産業の振興を図ることを目的に設置された北上市の施設です。試験研究施設や機器の開放・提供により、基盤的技術産業(※)をはじめとする地域産業の技術や経営の高度化を進め、さらに新たな産業おこしにより地域全体の活性化を目指す施設です。2017年4月より株式会社北上オフィスプラザが指定管理者となり運営しております。

Q.北上市産業支援センターではどのような支援が受けられるの?
A.工業製品等の測定・試験・評価のための各種施設・機器(後掲)を導入・設置し、地域企業等に開放・提するほか、講習会や研究を開催します。また、技術相談への対応、大学や他の試験研究機関への橋渡し(コーディネート)も実施します。
さらに、各種セミナーの開催、メールマガジンによる技術支援制度や各種研究情報の提供、産学官や異業種間の連携・交流事業の実施など地域企業向けの総合的な支援を行います。

Q.北上市産業支援センターは誰が利用できるの?
A.各施設、各種機器とも、利用時間は、日曜日と祝日、年末年始(12/29~1/3)を除く9:00~21:00です。なお、予約状況など事前にお問い合わせ下さい。

Q.北上産業支援センターはどこにあるの?
A.「オフィスアルカディア・北上」内北上オフィスプラザに隣接(岩手県北上市相去町山田2番地35)
 場所はコチラ

Q.北上市産業支援センターはどのような施設や機器があるの?
A.施設機器のご案内はコチラ

北上オフィスプラザ
 北上産業業務団地(通称:オフィスアルカディア・北上)は産業業務機能(企業の本社、事務所、研究所等)の拠点としての役割を担うものであり、北上オフィスプラザは団地の中心に位置し、団地に入居した企業及び周辺に立地する企業の活動を支援しています。
 機能研究開発機能の誘致、また、当該団地への立地企業及び周辺地域、企業の業務活動、研究開発、活動に対する支援事業を実施することにより、北上中部地方拠点地域産業の高度化を図る事を目的としています。

北上高等職業訓練校
 職業能力開発促進法に定める「有為な労働者の育成と労働者の経済的社会的地位の向上を図ること」を目的として、岩手県知事の認定を受け、昭和28年に設立された公的訓練を行う職業訓練施設です。
 訓練には、長期・短期・自主の3コースがあり、各々に必要な技能と知識を習得します。また、各種資格取得のための受験手続も行っています。

いわてデジタルエンジニア育成センター
 地域のものづくり産業は、自動車関連を中心として、需要に即応した製品開発と提案型企業への変革が急務となっています。
 また、地域全体が産業競争力を強化し持続発展していくためには、企業誘致に加え、自立創造型企業への体質変革、創生を育成する事が重要となります。
 このため、ものづくり企業の技術革新や自立創造型企業創業へもソリューションサポートシステム環境の整備と、それを担う優れた技術人材の育成が不可欠であることから、今後すべての製造業にとって必須となる3次元CADを中核ツールとし、その3Dデータを活用した周辺ツールを駆使できる高い技術を持つ指導者、企業のキー技術者の育成を行っています。

北上雇用対策協議会
 豊かな自然と産業が息づくこの地での暮らしを希望する皆さんに就労の場が確保出来るようお手伝い致します。

岩手大学金型技術研究センター
 平成15年2月、岩手大学工学部付属金型技術研究センター「基礎研究部門」を設置。
 平成15年5月、北上市にサテライト「新技術応用展開部門」を設置
 北上市からの寄付研究部門の申し込みに応じ、金型技術を通して地域と大学が協力し、その振興を図るため、日本で初めて地方自治体からの寄付で設立されました。